CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

  
 1−1) タレットパンチプレス機とは

 タレットパンチプレス(タレパン)とは、多数個の金型が装着可能な円盤状・扇状のタレットと、ワーク(被加工材)を保持・移動するテーブル、クランプ等をNC制御し、
 ワークの所定の位置に抜き加工・成形加工を行うプレス機です。

 タレットパンチプレス機の主な部分の名称と機能

 1.上タレット/下タレット
   金型を装着・保持する部分。
   多数個の金型が装着可能で、それらの金型はNC制御にてタレットが回転移動し選択される。

タレットパンチプレス機の図
上下タレットの芯ズレは、製品不良・金型破損に繋がります。
定期的に芯出し治具等でメンテナンスを行うことをお勧めします。

 2.ストライカー
   クランクまたは油圧の力で上下し、プレスの駆動力を金型に伝達するスライド部。
   上下移動でパンチ(上型)を下方に押し下げます。

 3.クランプ
   ワークを保持する部分。
   NC制御にて所定の位置にある金型の場所へワークを移動させます。
   (エアー圧式と油圧式があります)

 4.タレットキー
   角形状金型の回転方向の位置決めを行う。


タレットキーの摩耗は金型の芯ズレ、位相ズレに繋がり、加工不良や金型破損の原因となる場合があります。
メンテナンスは定期的に行うことをお勧めします。

 5.リフター
   上型を保持し、加工後は所定の位置まで持ち上げる部分。

 6.ダイホルダー
   下タレットにダイ(下型)を装着する部分。


ダイホルダー内には、抜きバリ・抜きカス等の異物が混入することがあります。
異物の混入は金型の装着不良に繋がり、金型破損の原因にもなります。
ダイ装着時には清掃を行うようにして下さい。
また、使用していないホルダーにはブラシダイ・ローラーダイ等を装着することによって、異物の混入を防ぐと共に
ワーク裏面の傷を防止することも出来ます。

 ●タレットパンチプレス機の主な特徴

 ・ 一品一様のプレス型と異なり、タレット内に装着された金型およびワークの加工位置をプログラムによって制御し、任意の位置に任意の金型で加工出来ます。
   そのため異なる製品も段取り替え不要、または短時間で加工を行うことが出来ます。

 ・ 製品が異なっても抜き形状・成形形状が同じなら金型を共通で使用出来るため、型費が削減にも繋がります。

 ・ 自動材料供給、取り出し装置、金型自動交換装置等と組み合わせて多品種少量生産も可能です。


  タレットパンチプレス機には大きく分けて次の3種類の機構があります。


  <機械プレス機(クランクプレス等)>
    フライホイールの回転力をクランク軸およびクランクを介して上下運動に変え、
    ストライカーを作動させる方式。 (図1参照)


図1.クランク機構のメカニズム
タレットパンチプレス機の図


  <油圧プレス機>
    油圧ポンプ・シリンダにてピストンを上下に動かし、ストライカーを作動させる方式。
    (図2参照)



   油圧プレスの特徴

    1.ストライカーの下死点位置をプログラム上で任意に設定出来る。
    2.ストライカーの上死点位置もプログラム上で設定出来、短いストロークで高速加工が出来る。
    3.機械プレスと比較して騒音が少ない。


図2.油圧機構のメカニズム
タレットパンチプレス機の図


  <サーボプレス機>
    サーボモータの回転運動をリンク機構と組合せて往復運動に変え、ストライカーを作動させる方式。
    サーボモータをエキセンシャフト(偏芯部を持つ軸)に直結させて、ストライカーを作動させる方式もあります。
    (図3参照)



   サーボプレスの特徴

    1.高精度、高生産性、低騒音、省エネ。
    2.加工に最適なモーションカーブを設定する事も可能です。


図3.サーボプレスのメカニズム

タレットパンチプレス機の図




Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.