CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

 
 1−10) 金型コード管理について

 タレットパンチプレスでは多くの金型を使用するため、その管理にも大変な労力を要します。
 その管理を少しでも簡略化する方法として、「金型コード管理」があります。
 特に異形形状の抜型や成形用金型は「特型コード」を付加することにより管理が一層簡単になります。

 特型コード管理について

  異形形状の抜型や成形用金型に「特型コード」を付加することにより、
    1. 金型、板金加工図面、自動プロのツールリストや作業指示書等の一元管理が出来る。
    2. 金型のリピート手配時に「特型コード」のみで、簡単に発注が出来る。
  等の利点があります。

  当社では現在お客様のご要望により「特型コード」を金型にマーキングしておりますが、今後も「特型コード」の表記を推進します。 (英数字の表記)
    1.「特型コード」のみの表記。  例: 00125-23 C=0.15
    2.「特型コード」と「形状・寸法」の併記。  例: 00125-23 イケイ 10×20 C=0.15
    3.「形状・寸法」のみの表記。  例: イケイ 10×20 C=0.15

  ※ 「特型コード」は当社にて採番させていただきますが、ご指示によりお客様独自のコードもマーキングさせていただきます。
      (図面番号+型番表記も可能です。 例: NC1082-01)

特型コードの使用例




Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.