CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

  
 1−2) 抜型のクリアランスについて

 クリアランスとは、抜きパンチの刃先径とダイの刃先径の寸法差を言います。
通常クリアランスを指示する場合には、(1)両側クリアランス (2)片側クリアランス の2通りがあります。
パンチとダイの関係図

(1) 両側クリアランスは

B−A

(2) 片側クリアランスは

(B−A)÷2


 適正クリアランスの目安

両側クリアランス = 板厚 × クリアランス係数

 機械方式  材質  板厚     クリアランス  (参考値)

材質 クリアランス係数 引張強さ
(N/mm
サーボ・油圧式マシン メカ式マシン
冷間圧延鋼鈑 (SPC) 0.2〜0.25 0.15 270以上
熱間圧延鋼鈑 (SPH)
構造用鋼鈑 (SS400) 0.25〜0.3 0.2 400〜510
ステンレス鋼鈑(SUS304) 520以上
ステンレス鋼鈑(SUS430) 450以上
アルミニウム(A1100) 0.15〜0.2 0.1 95以上
アルミニウム(A5052) 215以上
銅   (C1100) 0.2〜0.25 0.15 275以上
黄銅   (C2720) 0.2〜0.3 0.2 410以上
高張力鋼板(SPFH590) 590以上
[参考]
 1.せん断抵抗は引張り強さの約80%を目安として下さい。
 2.厚板(3.2tを超える)の場合は、上の計算結果×1.4程度を目安として下さい。
 3.上表にない材質は、剪断抵抗・引張強さを参考にして下さい。
 4.お手元にワークがある場合には、実際抜き加工を行い、上表を参考に適正クリアランスを設定して下さい。
 5.機械の仕様によって最小クリアランスが決まっています。機械の仕様書も合わせてご確認下さい。

 クリアランスと製品との関係

抜きカスの状態図 クリアランス 適正
抜き面 (抜きカス)の状態クリアランス大の抜き面 適正クリアランスの抜き面 クリアランス小の抜き面
抜きダレ
剪断面
破断面
カエリ
ソ リ
寸法精度 悪い 良好 良好
備 考 カス上りに悪影響 NIL 抜き荷重増大




Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.