CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

 
 1−4) 抜き用金型の各部名称

 タレットパンチプレス用金型はいくつかの部品で構成されています。
 また、使用する機械によっても金型のスタイルは異なります。

 ガイドタイプ金型

 ガイドタイプ金型は、プレスストライカーの加圧力をヘッドで受けてその力をパンチボディに伝え、パンチ刃先ダイにてワークを打ち抜きます。
 また加工後は、スプリングの反発力によりガイドストリッパーでワークを保持しパンチ刃先より引き離します。

 ガイドタイプ金型の各部名称と機能

図1
1/2・1-1/4

図2
2〜4-1/2

 1) パンチボディ、ダイ
    パンチボディの刃先とダイでワ−クを打ち抜きます。
 2) ストリッパ−
    加工時ワ−クを押さえる部分。加工後この部分でワ−クよりパンチ刃先を引き離します。
    (これをストリップと言います。)
 3) ガイド
    この部分をタレットに挿入し、パンチボディを保持、ガイドします。
 4) ヘッド
    ストライカ−の力を直接受けドライバ−・パンチボディに伝える部分。
    図1の金型構造の場合は、回転させてパンチ長さを調整します。
 5) スプリング
    加工中はワ−クを押さえ、加工後はワ−クよりパンチ刃先を引き離します。
    コイルスプリング・ウレタンスプリング・皿バネ等を使用します。
 6) ドライバ−
    パンチボディを取り付ける部分。
    また、ドライバ−とパンチの間にシムを入れパンチ長さの調整をします。
 7) リテ−ナカラ−
    ガイドを取り付ける部分。スプリングを保持する役目もします。
 8) DPリング
    パンチボディとリテーナカラーの隙間へのゴミの進入を防止します。

金型組立図(ロングタイプ)

 ホルダータイプ金型

 ホルダータイプ金型は、プレスラムの加圧力を機械的に連結されたホルダーパンチボディに伝え、パンチ刃先ダイにてワークを打ち抜きます。
 また加工後は、ラムがホルダーを強制的に引き上げます。

 ホルダーの種類には、
 (1) 標準タイプ(ウレタンタイプ) ・・・ 標準仕様。シンプルな構造で安価。
 (2) 板押えタイプ ・・・ 追い抜き加工に適しています。
 (3) バルカンツール ・・・ ストリップ力を強化した金型。
 があります。

 ホルダータイプ金型の各部名称と機能

標準タイプ 板押えタイプ バルカンツール    1) パンチホルダ−
      パンチを保持する部分。ホルダ−上部はラムと直接連結されます。
   2) ボディ
 
     タレットに挿入され、パンチ・パンチホルダ−の案内の役目をします。
   3) キー
      タレットとホルダ−の位置決めを行います。また、タレットに装着時、
      金型を所定の位置に保持する役目もします。
      (この他の部品につきましては、ガイドタイプ金型をご参照下さい。)
金型組立図(ウィドマンタイプ)




Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.