CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

 
 1−5) 成形用金型の各部名称

 タレットパンチプレスにて成形加工を行う場合、抜き加工とは異なる調整が必要です。

 上向成形用金型の各部名称と機能

 ガイドタイプ金型は、プレスストライカーの加圧力をヘッドで受けてその力をパンチボディに伝え、パンチ刃先ダイにてワークを打ち抜きます。
 また加工後は、スプリングの反発力によりガイドストリッパーでワークを保持しパンチ刃先より引き離します。

 ガイドタイプ金型の各部名称と機能

NCロングタイプ

村田タイプ

 1) エンボスパンチ
    ワ−クを直接成形する部分。
 2) エンボスボディ
    エンボスパンチを保持する部分。
 3) 上型エジェクタ−
    ワ−クをパンチからけり出す部分。(これをエジェクトと言います。)
    また、補助的にワ−クを成形する場合もあります。
 4) ヘッド
    ストライカ−の力を直接受けエンボスボディ・パンチに伝える部分。
    また、成形形状の立ち上がり高さを決めるために、パンチの長さの調整を行います。

 パンチ長さの調整方法(ハイト調整)
 1.ヘッド固定ボルトを緩める。
 2.ヘッドを回転させて、パンチの長さを調整する。
  (上下のヘッドの隙間を1〜1.5mmに保つ事)
 3.ヘッド固定ボルトを均等に、確実に締め付ける。
ネジサイズ
(ネジピッチ)

1/4回転当たり
の調整量

M12×P1.25 0.3 mm
M20×P1.5  0.4 mm
M30×P2.0  0.5 mm
M40×P2.0 

 5) ダイパンチ
    ワ−クを直接成形する部分。
 6) 下型エジェクタ−、スプリング
    加工中はワ−クを押さえ、加工後はスプリングの力で下型エジェクタ−を押し上げワ−クを
    ダイパンチから引き離します。
 7) ストリッパ−ボルト
    ダイパンチと下型エジェクタ−を連結する部分。

 下型の高さは通常、抜きダイに較べ高くなります。
 そのため、ワ−クを傷つけたり、成形部が上タレットに当たる等のトラブルが発生する場合が
 あります。 加工方法、プログラム等に留意ください。
上向成形用金型構造例

 下向成形金型の各部名称と機能

例: ロングタイプ
図1.
(1/2〜1-1/4)
図2.
(2〜4-1/2)
 上型の各部名称と機能は、抜き用金型の各部名称(1−4)をご参照ください。

  1) ダイパンチ
     ワ−クを直接成形する部分。
  2) 下型エジェクタ−
     ワ−クをけり出す部分。
  3) スプリング
     下型エジェクタ−を押し上げる役目をします。
パンチ長さの調整方法
図1の場合 図2の場合
 1) ヘッド固定ボルトを緩める。
 2) ヘッドを回転させて、パンチの長さを調整
   する。
 3) ヘッド固定ボルトを確実に締め付ける。
 1) パンチ取付ボルトを緩める。
 2) パンチをガイドより取り外し、パンチとドライバ−
   の間に、調整用シムを入れる。
 3) パンチを取り付け、パンチ取付ボルトを確実に
   締め付ける。

 <豆知識>
  微調整を行う場合、ダイシムにて調整を行い、
  調整終了後ダイシムを取り除き、同じ厚みの
  パンチシムを使用すれば簡単に調整が出来
  ます。
       特型用シム調整組み合せ早見表
下向成形用金型構造例

 成形用金型使用時の注意点

  1.
所定の加工条件で使用して下さい。
    指定板厚(材質)以外での使用や、所定の成形寸法以上に立ち上がりを高くするためなどにパンチ全長を長くした場合は、
金型に余分な負荷がかかり
    破損の原因となる場合があります。

  2.
同一機種のプレス機においても機械ごとにシャットハイトは異なりますので、適切なパンチ長さの調整を行って下さい。
    
※工場出荷時には、安全のためにパンチ長さを短めに設定しております。

  [成形用金型ご使用の手引き]
    アマダタイプ用 / 村田タイプ用 



Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.