CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

 
 1−8) 被加工材の材質について (非鉄編)

 タレットパンチプレスで加工する材料(ワーク)について、前章に引き続いて非鉄を取り上げて解説します。

 アルミニウム及びアルミニウム合金

  アルミニウム・アルミニウム合金は軽量で錆びにくいため、照明器具、電気器具、建築用材、各種容器、装飾品、航空機用材等いろいろな分野で様々な用途に使用
  されています。

       5052   − H12
      │  │   │    └─ 質別記号(F:製造のままのもの/O:焼なまししたもの/H:加工硬化したもの 等)
      │  │   │               
※質別記号は細分化されています。詳しくはJISハンドブックをご覧下さい。
      │  │   └─ 形状記号(P:板/BD:引抜棒/BE:押出棒/W:引抜線 等)
      │  └──── 合金番号
      └────── アルミニウム及びアルミニウム合金を表す記号

主なアルミニウム・アルミニウム合金板の機械的性質  (JIS H4000:1988より抜粋)

記号 質別 引張強さ( N/mm2 伸び(%) 特性及び用途例
A1050P 60〜100 15〜30 以上 純アルミのため強度は低いが、成形性、耐食性が良い。反射板、照明器具、装飾品など。
H12 80〜120 2〜9 以上
A1100P 75〜110 15〜30 以上 強度は比較的低いが、成形性、溶接性耐食性が良い。建築用材、電気器具、各種容器など。
H12 95〜125 2〜9 以上
A2014P 215 以下 10〜16 以上 強度が高い熱処理合金。
航空機用材、各種構造材など。
T4 410 以上 14 以上
A2017P 215 以下 12 以上 熱処理合金で強度が高く、切削加工性もよい。
航空機用材、各種構造材など。
T4 355 以上 12〜17 以上
A3003P 95〜125 18〜25 以上 1100より若干強度が高く、成形性、溶接性、耐食性もよい。
H12 120〜155 2〜9 以上
A5052P 175〜215 14〜20 以上 中程度の強度をもった代表的な合金。
H12 215〜265 3〜11 以上
A6061P 145 以下 14〜18 以上 耐食性が良好で、主にボルト・リベット接合の構造用材として用いられる。
T6 295 以上 8〜10 以上
A7075P 275 以下 10 以上 アルミニウム合金中最高の強度をもつ合金の一つ。
射出成形用金型材としても使用。
T6 530 以上 7〜8 以上
  <参考> 1N/mm2≒ 0.102kgf/mm2  (SPCCの引張強さ 270以上N/mm2
   [ワンポイントアドバイス]
     アルミは比較的加工性の良い材料ですが、やわらかい為に抜き加工時にガイド等のマ−クがワ−クについたり、バリが発生しやすい等の問題も
     発生します。ワ−クを押さえる力(スプリングの強さ)を弱くしたり、クリアランスを小さくする等の調整が必要な場合もあります。

 銅及び銅合金

  銅・銅合金は電気・熱伝導率が良く、光沢も美しいため、電気器具、配線器具、建築用具、装飾品等に使用されています。

      1100  − 1/2H
     │  │  │    └─ 質別記号(F:製造のままのもの/O:完全に再結晶したもの又は焼なまししたもの/SH:引張強さが最大になるように加工硬化したもの 等)
     │  │  │               ※質別記号は細分化されています。詳しくはJISハンドブックをご覧下さい。
     │  │  └───── 形状記号(P:板/T:管/W:線/R:条/B:棒 等)
     │  └──────── 合金番号
     └────────── 銅及び銅合金を表す記号

主な銅・銅合金機械的性質  (JIS H3100 H3110 H3130:1992より抜粋)

名称 記号 質別 引張強さ( N/mm2 伸び(%) 特性及び用途例
タフピッチ銅 C1100P 195 以上 35 以上 電気・熱の伝導性に優れ、展延性・絞り加工性・
耐食性がよい。
1/2H 245〜315 15 以上
丹銅 C2200P 225 以上 35 以上 色沢が美しく、展延性・絞り加工性・耐食性がよい。
1/2H 285〜365 20 以上
黄銅 C2600P 275 以上 40〜50 以上 展延性・深絞り加工性に優れ、めっき性がよい。
1/2H 335〜440 28 以上
C2680P 275 以上 40〜50 以上 展延性・絞り加工性・めっき性がよい。
1/2H 355〜440 28 以上
快削黄銅 C3560P 1/4H 345〜430 18 以上 特に被削性に優れ、打抜性もよい。
時計部品、歯車など。
420 以上
C3710P 1/4H 375〜460 20 以上 特に打抜性に優れ、被削性もよい。
時計部品、歯車など。
470 以上
りん青銅 C5111P 295 以上 38 以上 展延性・耐疲労性・耐食性がよい。
スイッチ、リ−ドフレ−ム、コネクタなど。
1/2H 410〜510 12 以上
白銅 C7060P 275 以上 30 以上 耐食性、特に耐海水性がよく、比較的高温の使用
に適する。
洋白 C7351P 325 以上 20 以上 光沢が美しく、展延性・耐疲労性・耐食性がよい。
1/2H 390〜510 5 以上
ばね用
ベリリウム銅
C1720P 410〜540 35 以上 耐食性がよい。高性能ばね、電気機器用ばねなど。
1/2H 590〜695 5 以上
ばね用
りん青銅
C5210P 1/2H 470〜610 27 以上 展延性・耐疲労性・耐食性がよい。
EH 685〜785 11 以上
  <参考> 1N/mm2≒ 0.102kgf/mm2  (SPCCの引張強さ 270以上N/mm2
   [ワンポイントアドバイス]
     銅及び銅合金の種類(特性)・使用用途は様々です。ワ−ク本来の特性を理解し、金型・加工条件(クリアランスなど)の選定を行って下さい。

(引用文献 JISハンドブック 非鉄:日本規格協会)




Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.