CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

 
 2−10) 絞り加工時に発生するワークの反り(歪み)について

 立上りの高いエンボス(絞り)加工を行うとワークに反り、歪が発生します。
 特に薄板の場合はワーク全体が大きく歪む場合があります。

 その対策として、

 1) 上向加工の場合、下型を外バネ式にする事によりワークを押える力を強くし歪を押える。
    (図1.参照)
    ※外バネ式の下型が装着できない機械があります。ご確認下さい。

    又、1サイズ上のステーションを使用する事により、板押え力を強くする方法もあります。

 2) 下穴(捨て穴)をあける。
    成形前に下穴をあける事により、歪は減少します。
    また、製品上可能なら周辺に捨て穴をあけることにより、ワークの歪を抑えることが出来ます。

下穴(捨て穴)をあける図

 3) ワーク端面付近を加工する際に発生するヒケ(引き込み)は、エンボス加工後に枠抜きを行う事を
   お勧めします。

ワーク端面ヒケ(引き込み)図


図1. 外バネ式ダイセット
図1 外バネ式ダイセット

外バネ式ダイセットは、板押え力を強化し、
ストリップ力を強めた型です。




Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.