CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

 
 2−11) ビニール貼り材料のカス上り対策

 材料表面にキズ防止のビニールを貼った材料の抜き加工を行なうと、ビニールが完全に切断されず材料に残り、打痕が発生したり、カス上りを起こす要因となります。
 この場合には下記の対策が考えられます。

 1) まず第一にパンチ及びダイの切刃をシャープな状態に保つ事。
   切刃が磨耗した状態で抜き加工を行なうと、ビニールが切断されません。
   通常より短い間隔での再研磨をお勧めします。 特に角形状パンチのコーナー部は磨耗し易いのでご注意下さい。

 2) 抜きのクリアランスを通常より狭くする。また、ガイドクリアランスを狭くして、抜き穴の際を押える事によりビニールの伸びを少なくする方法も有ります。

図1.パンチとダイのクリアランス
パンチとダイのクリアランス
図2.パンチとガイドのクリアランス
パンチとガイドのクリアランス

 3) パンチのダイへの入り代を増す。(パンチ全長を長く調整する。)  (図3.参照)

図3.パンチの入り代
パンチの入り代

 4) パンチ刃先にウレタンキッカーが付いている場合で、それが劣化している場合は新しいものに交換して下さい。



Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.