CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

 
 2−2) 金型の寿命対策

 NCターレットパンチプレス機による抜き加工において、金型寿命は生産性・コストに大きな影響を与えます。
 この章はこの金型寿命対策として、スーパードライパンチをはじめとするいくつかの対策をまとめました。

 スーパードライパンチ

  スーパードライパンチは、プレス加工油を使用しないドライ加工に対応。ステンレス等の難加工材に抜群の効果を発揮します。
  表面の「超硬質被膜(Hv2,500〜3,000)」とパンチ母材への「浸透層」とのW効果で優れた耐久性を実現。
  TiN(黄金色)やTiCN(灰紫色)といった従来のコーティングパンチでステンレスを加工した場合に発生する「被膜が剥がれる」欠点を解消しました。


従来のコーティング スーパードライパンチ
従来のコ−ティングの被膜層 ス−パ−ドライパンチの被膜層 ス−パ−ドライパンチの寿命比較

  スーパードライパンチは、従来のどんなコーティングパンチよりも耐久性試験では長寿命を実現しました。
  また、オイル潤滑パンチよりも好結果が出ています。 その「常識外」の耐久性をご確認下さい。(図1)

 コーティング処理について

種類 特徴
タフコート  厳選されたハイス鋼に塩浴窒化処理(表面硬さHv900〜1,100)を行います。
 万能タイプです。浸透タイプ(深さ〜50μ)のため、被膜の剥離が生じにくい。
TiNコーティング  厳選されたハイス鋼にTiN処理(表面硬さHv2,000〜2,500)を行います。
 SPCC材の加工に効果があります。 コーティング層2〜3μ。
CrNコーティング  厳選されたハイス鋼にCrN処理(表面硬さHv1,700〜2,100)を行います。
 アルミニュウム材の加工に効果が高い。 コーティング層2〜3μ。

 追抜き(ニブリング)加工時の寿命対策

  ヒール付金型
  刃先に固定ヒ−ル部を設け、パンチがワークに当たる前にヒール部が
  ダイの中に入り、抜き時のパンチのズレを防止した金型。
   (図2) 追い抜き方向に制限があります。

  この他にも刃先に可動ヒ−ル部を設け追い抜き方向の制限を少なくした
  シャープルーフ金型もあります。
(図2) ヒール付金型
ヒ−ル付金型

 小口径パンチの寿命対策

  有効刃先長さを短くし刃先の強度を増し、折れ難くしたナロータイプ・
  オープンエンド方式・超ナロータイプ等のパンチ仕様があります。

      標準   ナロータイプ オープンエンド 超ナロータイプ
パンチ刃先仕様図

 厚板加工時の寿命対策

  エキストラバックテーパー金型
  パンチ刃先にテーパー逃げを設け、ワークとの接触を減らし、焼付きを
  少なくした金型。(図3)
(図3) エキストラバックテーパー金型
エキストラバックテ−パ−

 その他の寿命対策

  1) ターレットの芯ズレ、ターレットキー等の摩耗のチェック。
  2) カス上がり対策金型との併用。
  3) 早期の再研磨の実施。
  4) 刃先角部にRを付ける。

   金型の寿命対策は、ワークの材質・板厚等の加工条件に合った金型の選定を行う事をお勧めします。




Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.