CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

 
 2−3) 抜き加工におけるカス上り対策

 NCタ−レットパンチプレス機による抜き加工時に発生するトラブルの1つに、 抜きカス上がりがあります。
 カス上がりは、一般的に丸形状や単純形状で板厚が薄い場合に多く発生すると言われて います。
 この章はこのカス上がりについて、スラグキャッチャ−ダイをはじめとするいくつかの対策例をまとめました。

 カス上りのメカニズム

カス上がりのメカニズム

a) 真空による吸着
b) 油膜による吸着
c) 磁気による吸着
d) 抜きカスのカエリ等による刃先圧着


 下型(ダイ側)によるカス上り防止対策

  1) ダイ切刃の選定
    抜きカスをキャッチしてカス上りを防止します。

スラグキャッチャーダイ
スラグキャッチャ−ダイ(1)

 1.ワークがA部で切断される。

スラグキャッチャ−ダイ(2)  2.抜きカスがB部に下がる過程で圧縮される。
スラグキャッチャ−ダイ(3)  3.B部より下がった時に圧縮から解放される。 スラグキャッチャ−ダイ(4)
 4.C部よりB部の方が狭い為、抜きカスはB部
   より上には上がらない
その他の切刃
ストレート切刃   ストレート切刃   オールテーバー
テーパー逃し   ストレート逃し           
ダイ切刃の図


  2) デポジトロン処理(D処理)
    ダイ切刃側面に超硬被膜を電気溶着し、抜きカスを噛み込みます。

D処理の図

 上型(パンチ側)によるカス上り防止対策

  1) パンチの全長変更
    抜きカスをダイの中に押し込む深さを増し、カス上がりを防止します。
  不十分な状態    良好な状態
パンチ全長変更の図
  2) ウレタンキッカー
    パンチの刃先に装着された特殊ウレタンにより抜きカスを強制的に落とします。
    (密着・吸着防止)
ウレタンキッカ−の図
  3) 圧縮エアー
    型センターのエアー穴から圧縮空気を直接抜きカスに吹きつけて強制的に
    抜きカスを落とします。
圧縮空気
エア−穴の図
  4) シャー角
    パンチの刃先にシャー角を付けることにより抜きカスを変形させ、その反発力
    (スプリングバック)を利用してカス上がりを防止します。
シャ−角の図

 その他の対策

  1) 加工油を使用しない。
  2) 適正なクリアランスで金型を使用する。
  3) 脱磁を十分に行う。

  被加工材(ワーク)の材質・板厚・抜き形状等によりこれらの方法を、単独又は組み合わせてお試し頂く事をおすすめ致します。




Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.