CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

 
 2−5) いろいろな異形抜型

 タレットパンチプレスでの抜き加工には、様々な形状の異形抜型を使用します。

 多数個取りにはジョイント型

  一枚のワ−ク(シ−ト)で多数個の製品を加工する場合、その製品をつなぎとめるため、ジョイント型を使用します。
  ジョイントの方法としては、
    1) ミクロジョイント
    2) ワイヤージョイント
  があります。

ミクロジョイント (小さなジョイント部で製品を母材に固定し、加工後にワ−クに振動を与え切り離す方法)

 1) コーナー部をジョイントする場合

   角・長角で外周抜きを行い、右図の様にコーナー部を切り取らず、
   一部つないでおく。

ジョイント部詳細
ジョイント部詳細

図1.ミクロジョイントの加工例
(コーナー部をジョイントする場合)

ミクロジョイントの加工例(1)

 2) 直線部をジョイントする場合 (コーナー部にRがある場合)

ミクロジョイント詳細

図2.ミクロジョイントの加工例
(直線部をジョイントする場合)

ミクロジョイントの加工例(2)


ミクロジョイントの数・幅はワ−クの板厚、材質や製品の形状、大きさによって異なります。
  上記寸法を参考に、実際加工して確認していただく事をお勧めします。

ワイヤージョイント (大きな製品をつなぎとめる場合は、ミクロジョイントより大きなワイヤージョイントを使用します。)

ジョイント部詳細
ジョイント部詳細

 角部のR付けにはコーナーラジアス型

  製品の角部にRをつける時は、コ−ナ−ラジアス型(CR型)を使用します。
  代表的なコ−ナ−ラジアス型には、以下の様なものがあります。

標準的な形状 つなぎ目がきれいな接線付 ジョイント型兼用タイプ
標準的なCR型 接線付CR型 ジョイント兼用CR型

 大きな穴加工には追抜き用アール型

  抜き金型のサイズ以上の穴を抜く場合は、
   1) 丸金型で追い抜き加工を行う方法
   2) アール金型で追い抜き加工を行う方法
  があります。

丸金型で追い抜く場合

ア−ル金型で追い抜く場合

ア−ル金型でジョイントを付けた場合

丸抜き型 ア−ル抜き型(1) ア−ル抜き型(2)
丸金型での追い抜きアニメ ア−ル金型での追い抜きアニメ ア−ル金型でのジョイントアニメ

 抜き面が波状になります。

 中心部は丸型又は角型で抜き落とし
 外周をア−ル型で追い抜く。
 ジョイント部を設け、加工終了後に
 ジョイントをはずす。




Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.