CONICホームページへ!!
Home 金型情報 機械情報 会社情報 最新情報 サイトマップ お問合せ

 
 3−2) タップバーリング

成形形状 上向加工 下向加工
タップバーリング成形形状 タップバーリング上向加工 タップバーリング下向加工

  [ 加工の概要 ]
    ワークを筒状等に絞る加工

  [ 主な用途・特記事項 ]
    ・ 薄板にネジ加工を行う際に、ネジに山数を確保する為に行うバーリングです。
    ・ 上向加工、下向加工共に下穴同時加工と下穴別工程のタイプがあります。
    ・ 立上りは板厚程度となります。

  ■ 金型には、
     1) 下穴同時型 (下穴加工とバ−リングを同時に行う金型)
     2) 下穴別工程型 (下穴加工後バ−リングを行う金型)
    の2種類があります。

当社標準寸法表(上向下穴同時型以外)

呼び称

ピン径

下穴寸法

 M 2.5
 M 3
 M 4
 M 5
 M 6
 φ2.1
 φ2.6
 φ3.4
 φ4.3
 φ5.1
 φ1・2
 φ1・5
 φ2.0
 φ2.4
 φ2.8

 ※ 標準寸法の上向バ−リングピンには、TINコ−ティングを行っています。
 ※ 標準以外の寸法の場合は、ピン径のご指示をお願いします。

  上表以外の下穴の計算(参考値)  

    内径    下穴 


タップバーリング用金型のご依頼方法

 (例) 上向(下向)タップバーリング金型 M3用 又は 内径φ2.7 とご指示下さい。

  ・ 上向の場合は下穴別工程、下向の場合は下穴同時型が標準となります。
    それ以外の場合はご指示下さい。
  ・ ネジサイズ(例:M4用)をご指示頂いた場合は、上記標準寸法表の通りとなります。



 皿バーリング

成形形状 上向加工 下向加工
皿バーリング成形形状 皿バーリング上向加工 皿バーリング下向加工

  [ 加工の概要 ]
    ワ−クを筒状等に絞り、同時に入り口部分に面取りを行う加工

  [ 主な用途 ]
    ・ 板を重ね合わせて皿ビスでネジ止めする際の皿ビスの頭の逃げ
    ・ タップ加工時の案内

  [ ワンポイントアドバイズ ]
    C面取りをした板材バーリングをした板材を皿ビスで接合する場合、板と板の間に隙間が開いたことがありませんか?
    そんな時は、皿バーリングをご使用下さい。

皿バーリング
標準のバーリングの場合
皿バーリングの場合
皿バーリングの図

標準バーリングは、板と板の間に隙間が!


皿バーリングで解決!





Copyright(C) CONIC All Rights Reserved.